当たる霊感霊視占い相談/情報局:Topページへ

霊的なあの世の世界は、心の世界

霊的なあの世の世界は、心の世界

世の中には、あの世な存在を認めない人もいるでしょう。目で見える内容が全てあり、目で見えない内容は、存在していないと思われる人もいるかもしれません。

よくよく考えてみてください。目で見えてる人でも、目に心が映っているはずです。それは自然の産物であり、心が、この様な形にすると考えない限り、自然の産物は、存在すら出来ないはずです。学校内で、この様な考えを教えてもらえないため、学校で教わる内容だけで考えれば、あの世の存在を認めないのも致し方がないかもしれません。

あの世の世界は、心の世界だと考えられてる場合もあり、生まれてくる目的には、あの世で満たされない思いを満たすために生まれてきたと考えられている場合もあります。

そもそも、心の世界で満たせるならば、わざわざ、生まれてくる必要性はないでしょう。

初めて旅立つあの世の世界は、幽界とも言われており、まさに天国の様な、様々な夢が叶う世界だとされています。ただし、全ての夢が叶う訳ではありません。

しかしながら、基本的な、欲求は満たされます。例えば、今まで食べた事が無い食べ物に直ぐにありつけたり、行きたい場所に瞬時に行くことすら可能です。心の世界であるため、人々の考えている心の内容も直ぐに把握できまして、嘘を付くことはできません。

今まで人を騙してきた人は、自分自身の心が恥ずかしくなり、その世界を避け、暗闇の中の世界へ足を運ばれる場合もあるそうです。

細かく考えれば、避けたい思いが満たされているとも呼べるかもしれません。

ただし、その世界は、様々な内容が満たされるため、飽きが生じ、達成感などの満足感が得られず、自分自身の存在価値が薄れる中で、再び生まれて、何かしらを達成させたい思いが沸いてくるとも考えられています。

また、現世での後悔は、あの世で満たされない場合もあり、生まれて人のために尽くす思いも現れやすくなるとも考えられています。例えば、いじめによって、人を傷つけた場合、それまで忘れていたことが、幽界で様々なことが満たされる中で、その思いだけが残され、その思いに罪悪感を感じてしまう場合もありますります。

何よりも、あの世の世界は心の世界であり、現世で生きている以上に強く心に感じやすくもあるのです。

霊能力者である江原啓之さんの動画の中には、亡くなった人の魂が、常識では考えられない、その場所に執着している話もあるでしょう。常識的に考えれば、客観的に自分自身で考え、亡くなった事を自覚し、あの世に帰れば良いのではないかと思われる人もいるかもしれません。

時間を感じられない心の世界であるため、心が執着し、心がそこに留まっている場合もあるのです。生きている人でさえ、突然の災害や、親族の死によって、時間が止まってしまう人もいるはず。

人にはイメージをする力があります。自分自身が死んだ際、客観的な視点に立って、後悔しない様に、できるだけ目的を持ち合わせておいた方が良いでしょう。1日の目的を、より明確化しておくのもポイントです。


霊的なあの世の世界は、心の世界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
静香 at 14:02│スピリチュアル 
アクセス数
  • 累計:

姉妹サイト